Open

[ 美容革命 ]

Bioprogrammingが起こした美容革命

RepronizerやHairBeauzerやHairBeauronに搭載されたセラミックスには、時空の物理理論で計算された“場”がプログラミング設計されています。このようなセラミックスを開発できるのは、現在世界の企業で唯一リュミエリーナ社だけです。

1. ヘアドライヤーの基本技術

髪の乾きを速くするためには、ヘアドライヤーの風量を強くし、吹き出す風の温度を高くするしか方法がありません。
しかし風量が強くなると、髪が乾燥し過ぎて傷み、つやの無いざらついた手触りの髪質になります。また、熱風は髪にダメージを与え、150℃以上では髪のタンパク質そのものが変性します。風量を強くし乾かす速度を速くしようとするドライヤーは、風量による髪のダメージが増す為に必然的にノズルから吹き出す風の温度を下げなければなりません。

RepronizerおよびHairBeauzerは、Bioprogramming技術を搭載しているので、熱と風という髪にダメージを与えやすい2種類の環境が同時に存在していても、使えば使うほどに髪にうるおいを与えつややかにします。また、風量が強く熱い風にもかかわらず、髪の乾燥を促進させるどころか髪内部がうるおいつややかでしっとりと乾かすことができ、従来のヘアドライヤーとは異なる体験ができます。

2. Bioprogrammingで起きる現象

リュミエリーナのProgramming技術は、全く新しい“未来技術”です。
Bioprogramming技術開発の方法論は、いかなる美容機器メーカーが試みている技術開発の方法論とも違います。

例えば、一般的なヘアアイロンは、180℃の高温で10秒間も同一場所の髪を挟めば髪のタンパク質が変性を起こします。一方、HairBeauronは、180℃の高温でも髪のタンパク質が変質せず、髪がダメージも受けません。この事実は、HairBeauronの実験映像(Bioprogramming TV)で確認できます。

3. ご自宅でできる簡単な比較テスト

Bioprogramming技術の効果は一般のヘアアイロンと簡単に比較テストができます。

  1. 比較したいヘアアイロンを180℃に設定し、リュミエリーナが映像公開しているテストと同じ実験を行えば、ヘアアイロンではたちまち髪のタンパク質変性が起きますから、どなたでもヘアアイロンとHairBeauronの技術の違いを検証できます。
  2. 一般的なドライヤーとRepronizerおよびHairBeauzerとの技術の違いも、髪にできるだけ長い時間温風や冷風を当て続けると簡単に比較検証ができます。

ヘアドライヤー、ヘアアイロンと何が違うのか?に比較検証の方法が詳しく記載されています。》

4. 美容革命が始まっている

Programming技術を、植物エキスなどの成分の“場”に設計したのが、HairTimecessのシャンプーやトリートメント、カラー剤などであり、SkinTimecessのクリームやエッセンスなどです。これまでは、カラーをしたくても、カラーをすれば薬品で髪が傷むという問題がありました。
しかし、やがてそのような時代が終わり、毎日のようにカラーを楽しみながらもさらに髪を美しくできる時代がやってきます。

これまで様々な美容技術が美しさを求めて開発されて来ましたが、それらの技術を多用すると、髪が傷めることが美容サロンの悩みでした。しかし、Bioprogramming技術が開発されたことによって、髪を傷めることなく美しさだけを実現するために何度でも美容技術を施せる時代がきました。
これが、Bioprogrammingが実現した“美容革命”です。